団体旅行で貸切バスを使うと良いことが沢山ある

団体旅行の時に、各自が自分の車などを使って目的地に行くのに比べて、貸切バスを使って移動するメリットは以下の通りです。

一つは、統制が取りやすい、ということです。各自が車で移動すると、2台や3台、道を間違えたり、ほかの道を走って刻限までに目的地につかない場合が出てきて、それ以降のスケジュールを変更したりすることが多くありますが、貸切バスの場合は、全員で移動ですので、その心配が全くありません。
時間通りにすべてのスケジュールを進行させることができます。

2つめは、貸切バスを使うと行き帰りに、会社なり部門なりの親睦が図れるということです。
例えばゲームをするとか、カラオケ大会をするとかで、全体の親睦を図ることもできますし、それをしなくても普段一緒に仕事をしない人同士が、隣の席に座ったりして思わず話が弾むなど、各自が車で行ったときにはできない、相互の親睦を図ることができます。

3つめは、これはお酒を飲まない人には関係ないかもしれませんが、アルコールを行き帰りに摂取することができる点です。
これなども、飲む人間にとっては、バスに乗った瞬間から旅行気分が満喫できて非常に良いことです。

最後にコストが節約できることです。
各自が車で移動して、その時の高速代などを会社なりで負担した場合、その車の台数分だけ費用が必要ですが、貸切バスですと、1台分で済みます。以上のように、貸切バスを使うメリットはたくさんあります。